ドラマ『妄想姉妹』再放送情報やフル動画を無料視聴できる配信サイト比較! 

\今なら30日間無料お試し期間あり/

TSUTAYA DISCASでドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の動画を無料視聴する

無料期間中ならいつでもキャンセル可能!

2009年に日本テレビで放送された吉瀬美智子主演のドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』

編集部
本記事ではドラマが大好きで、毎日動画配信サービス見ている私が、ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を1話から最終回まで全話無料でフル視聴できる方法やドラマ公式の最新再放送情報をご紹介していきます。

◎結論から言いますとドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を無料視聴するためにおすすめの動画配信サービスは「TSUTAYA DISCAS」のDVDレンタルです。

その理由は

  1. TSUTAYA DISCASはドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画が無料期間中に旧作DVDレンタルで見放題で見れる
  2. TSUTAYA DISCASのDVDレンタルでは動画配信サービスでは見ることのできない人気のドラマ『HEROシリーズ』や『コードブルードクターヘリシリーズ』『99.9シリーズ』などの動画が見放題で無料視聴可能
  3. 無料視聴期間が30日間ある

なのでドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を見たい方は「TSUTAYA DISCAS」のDVDレンタルをおすすめします!

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

動画配信サービス 配信状況 無料期間と月額

旧作DVDレンタルで見放題
30日間無料
無料登録ptなし
2,052円

 

ドラマの放送日 2009年
ドラマの脚本 三浦有為子
ドラマの主題歌 9mm Parabellum Bullet『Vampiregirl』
ドラマの原作 原作なし
ドラマの放送局 日本テレビ
ドラマの公式ホームページ 妄想姉妹〜文學という名のもとに〜
ドラマの公式SNS なし
ドラマのWikipedia 妄想姉妹〜文學という名のもとに〜
ドラマの出演キャスト 市川晶子役:吉瀬美智子|米坂摩耶役:富田靖子|漆原要役:別所哲也|
宮沢達郎役:西島秀俊|桑原晃役:池田正典
TSUTAYA DISCASの基本情報とメリット・デメリット

(画像引用元:TSUTAYADISCAS)

無料期間 30日間
月額料金 2,052円(税込)
ポイント特典 なし
DLの有無 DVDレンタル
同時視聴 なし
画質 各家庭のテレビによる
早送り巻き戻し機能 あり
字幕や英語の有無 あり

TSUTAYA DISCASの最大のメリットは他の動画配信サービスのようなテレビ局の偏りがありません。特にDVDレンタルはジャニーズ作品のドラマ・ジブリシリーズ・ディズニーシリーズ・映画・韓ドラなど見られない作品はないといってもいいくらいです。

さらに旧作のDVD/Blue-rayは0円でレンタルでき、返却期限もありません。

デメリットとしてはDVDレンタルなので今すぐ見たいと言うときに見れないのが残念です。なので見たいと思ったら何本か一気にDVDレンタルすることをおすすめします!

編集部
例えば学校や仕事が忙しくて見れない日があっても返却期限を気にすることがありませんので安心した気持ちで楽しめますね。
TSUTAYA DISCASの登録方法と解約方法
TSUTAYA DISCASの登録方法

  1. 公式TSUTAYA DISCASにアクセスしを開き、『まずは30日間無料お試し』をタップ。
  2. 必要な情報を入力して、「確認画面へ」をタップ(メールアドレスとパスワードは、この先ログインする時に必要になります。)
  3. 入力内容を確認して「この内容で申し込む」をタップ
  4. 申し込み完了。※DVDレンタルは申込後1〜3日で届きます。

TSUTAYA DISCASの解約方法

  1. TSUTAYA DISCAS公式HPにアクセス。
  2. TSUTAYA DISCASにログイン後、画面右上のボタンを押し、【マイメニュー】⇒【ご登録情報の確認】で登録ページに移動してください
  3. 「サービス停止申請」を押します
  4. アンケートに答えて「申請を完了する」をタップして完了
  5. 登録コースの確認画面を表示。

※以下の発送確定処理中時間はサービス停止/解除申請ができませんので気をつけてください!
午前3時~3時半頃
午前11時頃~12時頃
午後3時~3時半頃

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の再放送(2021)情報

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の過去の再放送情報と最新の再放送情報(2021)について調べましたので、ご紹介します。

2022年→再放送予定なし
2021年→再放送なし
2020年→再放送なし
2019年→再放送なし
2018年→再放送なし
2017年→再放送なし
2016年→再放送なし
2015年→再放送なし
2014年→再放送なし
2013年→再放送なし
2012年→再放送なし
2011年→再放送なし
2010年→再放送なし
2010年→2009年1月〜本放送

過去一度も再放送がありません。再放送枠は年々減っており、過去の作品はどのテレビ局も最近では配信が主流になりつつあります。

もしかしたらこのまま再放送がされないのかもしれません。

なので今すぐドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を見たいという方はTSUTAYA DISCASの動画配信サービスでDVDレンタルすることをおすすめします♪

編集部
無料トライアル期間中に解約すればもちろんお金がかかることはありません!
それも再放送でカットされていた部分もノーカットのフルバージョンで見ることが出来ます!

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を無料でフル視聴できる動画配信サービスを比較

2021年11月11日現在、ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を無料でフル視聴できる動画配信サービスは下記の表の通りです。

動画配信サイト 配信状況 無料期間と月額
TSUTAYADISCAS
旧作DVDレンタルで見放題
30日間無料
無料登録ptなし
2,052円
U-NEXT 配信なし 31日間無料
無料登録600pt
2,189円
FOD 配信なし 14日間無料
無料登録900pt
976円
music.jp 配信なし 30日間無料
無料登録2,458pt
1,958円
Amazonプライムビデオ 配信なし 30日間無料
ポイントなし
500円
Hulu 配信なし 14日間無料
ポイントなし
1,026円
Paravi 配信なし 14日間無料
ポイントなし
1,017円
auスマートパスプレミアム 配信なし 30日間無料
ポイントなし
548円
Abemaプレミアム 配信なし 14日間無料
ポイントなし
960円
dtv 配信なし 31日間無料
ポイントなし
550円
Netflix 配信なし 無料期間なし
ポイントなし
990円〜
wowow 配信なし 申込月無料
ポイントなし
2,530円
クランクインビデオ 配信なし 14日間無料
無料登録3000pt
1,650円

紹介している作品は、2021年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各社公式ホームページでご確認ください。

調べてみた結果、ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』は1社の動画配信サービスで見放題視聴ができます。

表を見て分かる通り、ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』はTSUTAYA DISCASでDVDレンタルで独占見放題配信されていました。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中はドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画をDVDレンタルで全て無料で見ることができます。

ぜひこの機会にドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を無料視聴してください。

\今なら30日間無料お試し期間あり/

TSUTAYA DISCASでドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の動画を無料視聴する

無料期間中ならいつでもキャンセル可能!

この他、違法動画サイトとして『Dailymotion(デイリーモーション)』や『Pandora.TV(パンドラTV)』や『9tsu』などがありますが、このような違法動画サイトは画質や音質が悪く、最初から最後まで見ることができないということが多くあります。

また、広告などが入り間違えて押してしまうと、個人情報が漏洩したりウイルスに感染させられることもあります。

安心・安全にかつ高品質な映像を楽しめる、公式サイトを利用するようにしましょう。

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画をDVDレンタルで無料視聴

「第1話 与謝野晶子「みだれ髪」」

昭和の文豪と呼ばれ、20年前に他界した市川草太郎(田中哲司)。

その娘、晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の三姉妹は、父親が残した屋敷で暮らしていました。

まるで母親のように妹たちの面倒を見ている長女・晶子。自由奔放で気まぐれな次女・藤尾。病弱な三女・節子。

ある日、草太郎から、20年の時を越えて、1通の手紙が郵送されて来ました。

中には、「20年後の娘たちへ、これが私の愛。私の秘密。どうか私を許して欲しい」という手紙とともに、鍵が同封されていました。

草太郎の書斎にあった秘密の書庫に鍵がぴったりはまりました。扉を開けると、そこには、十数冊の本と“順に読め!”という草太郎のメモが。

1番最初の本は、“与謝野晶子のみだれ髪”でした。与謝野晶子がどんな人なのか、わからない藤尾に、節子は、その一生を愛に捧げた晶子の生涯を説明します。

晶子は、“与謝野晶子”が自分と同じ名前であることに、なにかを感じ、重ね合わせ妄想の世界に入っていきます。

“みだれ髪”の奥底に潜む官能的な断片に触れ、晶子の感性で、妄想し、堪能します…。

父親の残した“与謝野晶子のみだれ髪”から、自らの感性で、晶子は、何を感じたのでしょうか。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の1話動画を無料視聴する

「第2話 夏目漱石「虞美人草」」

晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の三姉妹が、父・草太郎(田中哲司)の書斎の秘密書庫で見つけた2冊目の本は、夏目漱石の『虞美人草』でした。この物語の主人公は、美しく傲慢で、虚栄心が強く、男心を自由に操る女。

父親が亡くなったばかりの主人公は、その財産を全て相続することになっていました。

主人公の自慢は、子供の頃からおもちゃ代わりに与えられていた高価な舶来の金時計。

主人公は、この時計をあげた男に、自分自身も与えようと決めていました。

男たちが金時計を奪い合う内容だと知った藤尾は、主人公が自分と同じ名前だったこともあり、この本の妄想の世界に入り込んでいきました――。

男に弄ばれることを決して許さない藤尾は、愛の女王のように振る舞っていました。

近づく男、小野(小林高鹿)や宗近(チョウ・ソンハ)を、その妖しい色香で翻弄する藤尾。

肌身離さない藤尾の金時計は、2人を惑わす小道具として使われます。

やがて、宗近が親の決めた許婚だったにもかかわらず、藤尾の気持ちは小野に近づいていきました。

ある日、小野にデートをすっぽかされた藤尾は、見知らぬ若い女といた小野を追及しました。

怒り顔の藤尾に、小野らと一緒にいた宗近は、思わぬ話を明かします。2人と共にいた女は、実は、小野と近々結婚する予定の小夜子(吉野汐理)。

デートすれば小夜子と結婚できなくなると気付いた小野は、ついに藤尾との約束を破ったのです。

小夜子と結婚するという小野の意志を確かめた藤尾は、動揺を隠しながら例の金時計を宗近に手渡しますが――。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の2話動画を無料視聴する

「第3話 堀辰雄「風立ちぬ」」

父親・草太郎(田中哲司)が娘たちに残した3冊目の本は、堀辰雄の『風立ちぬ』でした。

その内容は、作家(眞島秀和)の男と、結核にかかった女との純愛を描いたもの。

節子(高橋真唯)は、自分の性格と似ている小説の主人公“節子”に自分を重ねあわせ妄想します。

作家が愛し、プロポーズした相手は、不治の病ともいわれた結核に侵された女・節子。

サナトリウムに入院した節子の肺は、病魔に大きく蝕まれていたのです。

医師(ヨシダ朝)から、節子の余命が少ないと告げられた作家は、迫り来る別れの恐怖と闘いながら、最後まで愛し抜こうと心に決めます。

一方、自分の死期を感じた節子も、作家の愛に応えようと精一杯生きるのです。

晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子の3人は、自分たちの名前の由来となった女性が、どうして全く違う性格なのか、と話し合いました。

その結果、浮かび上がった推理は、自分たちの母親が3人とも違う、ということ。

晶子は、『みだれ髪』『虞美人草』『風立ちぬ』の3冊の本に書かれた主人公たちが、自分たちの母親の姿ではないか、と言い出しました。

晶子は、節子の母親は、何か重い病気をしており、いつも薬の臭いがする離れで寝たきりだった、と思い出します。

そして、節子の母親が突然逝ってから、草太郎は、書斎に篭り切りになり、まもなく亡くなって発見されました。

晶子たちは、草太郎の死が、自分たちの母親に関係があるのではないか、と考えて――。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の3話動画を無料視聴する

「第4話 泉鏡花「外科室」」

秘密の書庫の本の中に、自分たちの母親についてのヒントが隠されているとにらむ晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の三姉妹。

4冊目の本が、一瞬と永遠についての愛の物語、泉鏡花の『外科室』だと知った晶子は、さっそくその本を手にとって読み始めました。

物語の主人公は、入院中の貴船伯爵夫人。

主人公は、医学士・高峰(山中聡)の執刀による胸の手術を受ける必要があるのですが、心の奥底の秘密を口走ることを恐れ、麻酔を一切拒んでいました。

手術に立ち会う婦長は、たとえ何かを話しても決して口外しない、と約束しますが、夫人は納得しません。

夫人の意思が固いと知った高峰は、婦長ら看護師たちを手術室から出し、ひとりだけでメスを執りました。

実は、9年前、夫人と高峰は、すれ違った際、お互いに目を奪われ、永遠の恋に落ちました。

激痛に耐えながら話をした夫人は、自分が忘れられていると思い込み、高峰の手を掴んでメスを自分の胸に突き立てます。

その後、高峰は、虫の息の夫人を抱きかかえながら、未だに忘れえぬ恋心を告白するのでした―。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の4話動画を無料視聴する

「第5話 高村光太郎「智恵子抄」」

秘密書庫の中の11冊の本を全て読み終えた時、父・草太郎(田中哲司)の死の謎が明らかになるかもしれない―。

早く真相を知りたい節子(高橋真唯)は、ひとり抜け駆けしようとして見つかり、藤尾(紺野まひる)と口喧嘩を始めます。

そんな2人をたしなめた晶子(吉瀬美智子)は、積まれていた残る7冊の本の一番上、高村光太郎の『智恵子抄』を手にしました。

この本は、彫刻家で詩人の高村光太郎と妻・智恵子のラブストーリーで、妄想や幻覚を起して理性を失い狂気となった智恵子を、光太郎が愛し続ける、という内容。

智恵子が光太郎を置いて先に逝ってしまった、と節子から聞いた藤尾は、すぐに本を受け取って読み始めました―。

無邪気でくったくがなく、まるで幼女のような智恵子と光太郎が初めて結ばれたのは、アトリエの中。

智恵子から生きる力を吹き込まれた光太郎は、意気揚々と創作を開始します。生き生きと作品に向かう光太郎を、幸せな表情で見つめる智恵子。

しかし、精神に異常をきたした智恵子は、光太郎の愛に包まれながら天国へ旅立ちます。

その後、光太郎は、智恵子を思い浮かべながら最後に裸婦像を完成させて亡くなるのです。

死んで消滅した智恵子の肉体と魂を、彫刻と詩で永遠のものにした光太郎。

この作品について話を始めた晶子、藤尾、節子の3人は、19もの長編、いくつもの短編を残した草太郎の作品の中に、光太郎が智恵子を永遠のものにしたのと同じものがあるのではないか、と推理しました。互いに自分の母親を思い浮かべた3人の謎は、さらに深まって―。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の5話動画を無料視聴する

「第6話 坂口安吾「白痴」」

草太郎(田中哲司)の死の謎とは、晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の母親は一体誰なのか―。

3人は、手っとり早く草太郎の作品の中にヒントが隠されている可能性を話し合いました。

しかし、草太郎の作品の傾向を考えた3人の期待は、あっさり打ち砕かれました。

草太郎は、既存の文学における私的リアリズムを否定した、いわゆる“無頼派”のひとり。

常々、私小説を恥だと言っていた草太郎が、作品の中に自身の体験を書くはずはありません。

つまり、手紙に指定した秘密書庫の本を順に読み進めるしかないのです。

そんな3人が次に手にした6冊目の本は、無頼派の旗手・坂口安吾の『白痴』でした。

作品の舞台は、太平洋戦争末期の東京の一軒家。主人公の伊沢(松尾敏伸)は、空襲でいつ死ぬかもしれない状況下、

隣家に住む白痴の女を自分の家に囲うことになるのです。本を手にした節子は、たちまちその中にのめり込んでいきました。

空襲の危機が迫る中、帰宅した独身会社員の伊沢は、押入れに隣家の若い白痴の女・オサヨ(高橋真唯=二役)が潜んでいることに気付きます。

隣家の住人がすでに避難したと知った伊沢は、オサヨへの肉欲に耐えながら、世話を始めます。

やがて、白痴のような幼く素直な心が自分に必要だと考えた伊沢は、オサヨの肉体にのめり込みます。

そして、空襲の音が近づく中、2人は、愛欲に溺れて行くのです。

本を読み終えた晶子らの話は、白痴のように真っ白で、何色にでも染まるこの女が誰か、ということになりました。

この“白痴”の女は、自分たちの個性的な母親たちとは全く掛け離れています。

3人は、ひょっとすると、自分たちの母親以上に、草太郎に強い影響を与えた女がいたかもしれない、と考えて…。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の6話動画を無料視聴する

「第7話 江戸川乱歩「お勢登場」」

晶子(吉瀬美智子)が家にいるときとは違うオシャレをして外出した日の夜、草太郎(田中哲司)の書斎に集まった三姉妹。

7冊目の本は、江戸川乱歩が書いた『お勢登場』でした。節子(高橋真唯)は、グロテスクな人間の本性を描いた乱歩の作品のひとつで、主人公は夫を殺す悪い女だったと、藤尾(紺野まひる)に説明します。

3人は、前回の本である『白痴』で浮かび上がった誰の母親でもない“白い女”の存在を知って嫉妬した妻の誰かが草太郎を殺した可能性もある、と推理。

この本を手に取った晶子は、本の世界に入り込んでいきます。

肺病の夫・格太郎(高橋和也)と暮らすお勢(吉瀬美智子=二役)は、白い肌がなまめかしい妖艶な女でした。

格太郎が自分にメロメロだと知っていたお勢は、大きな長持ちの中に誘い込んでは、フタを閉めて情事にふけります。

だが、そんなお勢には、若い書生(山中雄輔)の愛人がいました。そして、そのことを格太郎も、感づいていました。

そんなある日、お勢が逢引きしている間、息子とかくれんぼをして例の長持ちの中に隠れた格太郎は、情事を思い出して悶々としていました。

ところが、長持ちから出ようとした格太郎は、蓋の鍵が掛かってしまったと気付きますが、中からは開けることが出来ません。

息子も格太郎を見つけることが出来ず、かくれんぼのことを忘れてしまいました。

夕暮れになり、書生との逢引きから戻って来たお勢は、長持ちの中に格太郎がいることに気付いて蓋を開けますが、再び閉めて鍵を掛け、殺してしまうのです。

物語を読み終えた晶子は、お勢を擁護する発言をします。もし、長持ちの一件がなければ、ずっと肺病の夫の面倒を見て、若さを持て余すはずだ、という晶子。

3人は、いつしか結婚という束縛と女の自由についての話を始めて―。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の7話動画を無料視聴する

「第8話 太宰治「女生徒」」

“白い女”に関する謎がさらに深まる中、晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の三姉妹の話は、いつしか家計の問題になりました。

晶子によると、書籍の売り上げが落ち込んだため、収入が減り、草太郎(田中哲司)が残してくれたこの屋敷を売却することになるかもしれないのです。

この事態を食い止めるため、草太郎の手紙類を発表したいという晶子。

ですが、これに激しく反発した節子は、晶子の話を最後まで聞かず、書庫から次の本を手にとって家を飛び出しました。

草太郎のそろえた8冊目の本は、太宰治の『女生徒』でした。この本は、父親がいない思春期の女生徒の甘酸っぱい心象風景を描いた作品。

人気のない夜の公園にやって来た節子は、ひとりで父親の死の謎を解こうと本を開きました。

眼鏡を掛けていることにコンプレックスを感じている女生徒(高橋真唯=二役)は、お年頃になったこともあり、様々な空想の世界で遊んでいました。

庭で仕事をしている植木屋(栗原寛孝)に片思いをしてみたり、素敵な下着を付けて大人の女の雰囲気を楽しんだり―。

電柱にぶつかってようやく現実の世界に引き戻された女生徒は、学校で美術の先生(松尾英太郎)にモデルを頼まれ、またまた空想の世界をさまよいます。

そして、最後に、亡き父のことを思い出し、美しく生きたい、と誓うのです。

闇が白み始めた頃、家に戻った節子は、文庫版の『女生徒』を読んだらしい晶子に声を掛けられました。

大きな出版社の社長に相談に乗ってもらっているという晶子は、節子に手紙の一件は3人で相談して決める、と告げます。

これを聞いた節子は、涙を浮かべながら、誤解していたことを晶子に謝りました。そして、3人は、お互いに力を合わせてこの家を守ろうと約束しますが―。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の8話動画を無料視聴する

「第9話 樋口一葉「にごりえ」」

草太郎(田中哲司)の背後に見え隠れする“白い女”の正体が依然としてはっきりとしない中、晶子(吉瀬美智子)は、藤尾(紺野まひる)の妙な動きを気にしていました。藤尾の部屋を調べた晶子は、思わぬ書類を見つけて、ビックリ。

まもなく、酔って上機嫌で帰宅した藤尾は、草太郎が残した本を手に取りました。

それは、女流作家・樋口一葉の『にごりえ』――貧しさから遊女となった女の辛い現実と壮絶な恋を描いた作品でした。

遊郭・菊の井の売れっ子遊女・お力(紺野まひる=二役)は、今日も馴染みの客・結城)の相手をしていました。

結城は、遊女仲間もうらやむ上客で、いつかお力を身受けするかもしれない、との噂も流れます。

もちろん、お力は、早くこの“華やかな地獄”から脱出したいのですが、かつて馴染みだった源七という客のことが忘れられませんでした。

妻子持ちではあったが、お力のことを心から愛してくれた源七。お力は、今は落ちぶれた源七が自分の様子を見に来ているのを知っていました。

ある日、お力は、結城が自分を単なる遊び相手としか考えていないと知り、愕然となります。

遊女から足を洗えると思っていたお力は、希望を失い、教会で神に祈ります。そんなお力を、源七は、結城との仲を誤解し嫉妬して銃撃。

死ぬ間際のお力の言葉から、自分が愛されていたと気付いた源七は、後を追って自らの命を断つのです。

晶子、藤尾、節子(高橋真唯)からは、この世では添い遂げられなかったお力と源七の恋についての様々な意見が飛び出します。

そんな中、晶子は、独断で屋敷の資産計算を依頼していた藤尾を追及します。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の9話動画を無料視聴する

「第10話 芥川龍之介「藪の中」」

藤尾(紺野まひる)の持っていた書類が、自分たちの屋敷の買い取りに関するものだと知り、不安を募らせる晶子(吉瀬美智子)。

晶子が写真週刊誌の記者(和田成正)に草太郎(田中哲司)の手紙を売却しようとしている、と勘ぐる節子(高橋真唯)と藤尾。

3人がそれぞれ疑心暗鬼となる中、秘密の書庫から超自然的な力で飛んできたのは、芥川龍之介の著した『藪の中』でした。

この本は、旅の女が山賊に、縛られた夫の前で暴行されるという出来事を基に展開する心の深層を描いた作品。

気になって本を開いた晶子は、いつの間にか物語の中に引き込まれていきました。

縛られて身動きの取れない夫・武弘の目の前で、山賊・多襄丸に暴行された真砂。

まもなく、現場となった藪の中には、縄が解かれた状態の武弘の死体が発見されます。

物語は、武弘の死因に関しての様々な証言が飛び出すのですが、場所が藪の中とあって、何が真実なのか分かりません。

事故死なのか、刺殺なのか、それとも自殺なのか―。晶子、藤尾、節子の3人は、それぞれ性格の異なる真砂となって、自分の思いを語り始めます。

やがて、妄想の中、3人の争点は、屋敷を巡る意見の対立となり、お互いの心の中の疑惑や不信感をさらけ出し、けなし合いを始めてしまいます。

本を読み終えた3人は、なぜ草太郎が自分たちに『藪の中』を読ませたのか、首をひねりました。

一体、草太郎は、何を望んでいるのか。晶子、藤尾、節子の3人は、全ての答えが、残る最後の1冊の本に隠されているとにらみました。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の10話動画を無料視聴する

「第11話(最終回) 夢野久作「瓶詰地獄」市川草太郎「白女」」

屋敷の書斎で、それぞれ心の距離を表すように離れた場所に座った晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の三姉妹。

そんな3人が手にした最後の本は、夢野久作の書いた『瓶詰地獄』でした。

この本は、2人きりで無人島に漂着した仲のいい兄と妹が、成長するに従って互いの体を意識するようになり苦悩する様子を描いた作品。

その内容が自分たちの状況と重なっていると感じた3人は、思わず黙りこくりました。

そんな中、本棚から瓶に入った鍵が見つかりました。それが地下倉庫に関係があるとにらんだ3人は、

『あけるべからず』との貼り紙がある扉に鍵を差し込みます。

そして、そっと扉を開けて中に入り込んだ3人は、暗闇の中に浮かび上がる『白女 市川草太郎』と書かれた父親の筆跡の原稿用紙の束を見つけました。

表紙に書かれた日付は、草太郎が死亡した日。この原稿は、草太郎の最後の作品でした。

草太郎(田中哲司)は、なぜ11冊の本を読ませる前に、この遺稿を自分たちに見せなかったのか。

これを読めば全ての謎が解けると察した晶子は、藤尾、節子の前で原稿を読み始めました。

果たして、草太郎の謎の死の理由とは、3人の娘たちの母親、そして、“白い女”とは一体誰なのか。

草太郎の遺稿を読み進めるうちに、3人は、自分たちの母親の正体を知り、愕然となって―。

YouTube TVer GYAO

ドラマ妄想姉妹〜文學という名のもとに〜の11話(最終回)動画を無料視聴する

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の見どころや豆知識

編集部

吉瀬美智子主演、市川3姉妹が、亡くなった父の書斎にある文学作品に自身を投影させる一話完結型のストーリーです。

昭和の文豪と呼ばれた父・市川草太郎が亡くなってから20年経ったある日、3姉妹のもとに草太郎から手紙が届きます。

同封されていた鍵は、書斎にある秘密の書庫にピタリとはまり、扉が開きます。

そこには、十数冊の本とともに、順に読むよう指示するメモがありました。

本を読み進める姉妹たちは、文学の世界の中で妄想するのでした。

吉瀬美智子が初主演となった作品です。

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の感想や評価・口コミ

女性の感想

日本文芸の名作を劇中劇に織り込んだ、連作短編のような深夜ドラマです。

最終回のみオリジナル、長めのミステリー仕立てとなっています。

予算と制作時間に制限のある深夜ドラマなのにもかかわらず、毎回毎回きちんと趣向を凝らした展開となっており、スタッフの意欲・努力・苦悩がしのばれる佳作です。

男性の感想

素晴らしいです! 素晴らし過ぎます!

女優の選択から企画脚本演出すべてが素晴らしいです!

本音を言うならもっと突っ込んだ表現を期待したいところですが「妄想」というキーワードのもとに限定された予算と

三十分という放送時間とテレビという枠の中でこれだけエロチックな作品をよくぞ実現出来たものだと製作者各位に敬意を表するしかないです。

女性の感想

文学作品も、概要をかいつまんで三女が説明してくれるので、読んでなくても話は通じます。

この脚本を書いた人(女性)は文学少女だったのでしょうが、そればかりでなく文学への拒絶反応をする次女というキャラクターも描ける、柔軟な人である事を伺わせます。 なかなか面白いです。

とにかく吉瀬美智子がきれいです。

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を無料視聴するあなたにおすすめの人気作品

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYADISCASで見ることができる吉瀬美智子の作品一覧

  • 未満警察 ミッドナイトランナー
  • シグナル 長期未解決事件捜査班
  • ブランケット・キャッツ
  • オトナ女子
  • コドモ警察

ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を1話から最終回まで全話無料でフル視聴できる方法まとめ

今回は、ドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画を無料視聴する方法やあらすじ・見どころなどについての紹介しました。

紹介したTSUTAYADISCASの公式動画配信サービスであれば、お試し無料期間を使うことによりドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』の動画をDVDレンタルすることにより手出し0円で無料視聴できます。

是非この機会に試してみてください。

動画配信サービス 配信状況 無料期間と月額

旧作DVDレンタルで見放題
30日間無料
無料登録ptなし
2,052円