陸王【ドラマ動画】無料視聴できる配信サイト16社比較!全話あらすじとキャスト相関図も

2017年10月15日から放送された役所広司主演のドラマ「陸王

役所広司が演じる老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一が、年々先細る足袋の需要から、ランニングシューズという新規事業への参入を図ります。零細企業が、仲間との強い結びつきをバネに、一世一代の大勝負に打って出ます。

本記事ではドラマが大好きで、毎日動画配信サービス見ている私が、「陸王」の動画を無料視聴できるサービスやドラマのあらすじや見どころを調査し、まとめました。

◎結論から言いますと「陸王」を見るためにおすすめの動画配信サービスは「Paravi」です。

その理由は

  1. Paraviは「陸王」が無料期間中に見放題で見れる
  2. Paraviは「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」や「俺の家の話」が見放題で視聴可能
  3. 無料期間が2週間ある

なので私は「Paravi」をおすすめします!

(画像引用元:Paravi)

\今なら2週間無料お試しあり/

Paraviの公式サイトはこちらから

無料期間中に解約の場合は月額料金の1017円は不要!

この記事をすべて読めばあなたはどのサービスが最もお得なのか理解することでき、楽しいドラマ・映画鑑賞に役立つこと間違いなしです!

「陸王」を配信している動画配信サービスを16社比較

2021年2月現在、「陸王」を見放題で視聴できる動画配信サービスは下記の表の通りです。

配信サイト 配信 MEMO
Paravi 見放題
無料登録ptなし
TSUTAYADISCAS ディレクターズカット版見放題
無料登録1100pt
U-NEXT 配信なし
auスマートパスプレミアム 配信なし
music.jp 配信なし
Amazonプライムビデオ 配信なし
dtv 配信なし
楽天TV 配信なし
Netflix 配信なし
wowow 配信なし
FOD 配信なし
Hulu 配信なし
クランクインビデオ 配信なし
TVer 配信なし

調べてみた結果、ドラマ「陸王」は2社の動画配信サービスで見放題視聴ができます。(TSUTAYADISCASはDVDレンタルのみ)

今すぐドラマ「陸王」を視聴したい方は、Paravi無料体験を利用してご覧ください。

\今なら2週間無料お試しあり/

Paraviの公式サイトはこちらから

無料期間中に解約の場合は月額料金の1017円は不要!

この他、違法動画サイトとしてDailymotion(デイリーモーション)やPandora.TV(パンドラTV)や9tsuなどがありますが、このような違法動画サイトは画質や音質が悪く、最初から最後まで見ることができないということが多くあります。

また、広告などが入り間違えて押してしまうと、個人情報が漏洩したりウイルスに感染させられることもあります。

安心・安全にかつ高品質な映像を楽しめる、公式サイトを利用するようにしましょう。

陸王を無料視聴する方法

Paraviでフル動画を無料視聴する方法について

(引用元:Paravi)

無料期間
2週間
月額料金 1,017円(税込)
ポイント特典 500円チケット
DLの有無
同時視聴
画質 最高画質/高画質/標準/さくさく
早送り巻き戻し機能 10秒進む/10秒戻る
字幕の有無

Paraviは、TBS・テレビ東京・WOWOWなどの6社の出資により設立した株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営する動画配信サービスです。

そのためTBS・テレビ東京・WOWOWで放送された最新ドラマから名作ドラマまで配信していて「見放題独占コンテンツ」を楽しめます。

月額料金も安く1,017円(税込)でドラマが見放題なうえに500円チケットが毎月配信されるのでレンタル作品も無料で見ることができます。

放送では見られないオリジナル作品や未公開シーンも配信されているのでとにかくドラマ好きな方にはぴったりのサービスですね♪

そんなParaviでは役所広司が出演している他の作品も多数見ることができます。

役所広司出演作品

  1. オー・ルーシー
  2. 悲しくてやりきれない
  3. 新・四谷怪談 前編
  4. オトナの男

これらすべての作品を見放題で視聴することができます♪

\今なら2週間無料お試しあり/

Paraviの公式サイトはこちらから

無料期間中に解約の場合は月額料金の1017円は不要!

Paraviの詳しい登録・解約方法やサービス内容はこちらで御覧ください。

関連記事

人気動画配信サービスのParavi(パラビ)。 「どんなサービスなのかな?」「見たい作品ジャンルはあるのかな?」「無料期間はあるのかな?」と利用するか悩まれている方もいるかと思います。 安いから契約した!と言っても見たい作品が配[…]

陸王の基本情報

放送日:2017年10月15日 から 12月24日まで
プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝、川嶋龍太郎
脚本: 八津弘幸
主題歌: Little Glee Monster「Jupiter」
原作: 池井戸潤『陸王』
池井戸潤の代表作は『下町ロケット』『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』など。

陸王のキャスト相関図

(画像引用元:ザテレビジョン)

宮沢紘一役:役所広司

100年続く「こはぜ屋」の4代目社長宮沢紘一。新事業となるマラソン足袋「陸王」の開発を決断します。

編集部

役所広司さんはデビュー当初は所属する無名塾の舞台公演に出演していました。1980年に「なっちゃんの写真館」にてテレビデビューを果たし、その後は「徳川家康」や「宮本武蔵」などの時代劇で主演などを務めます。

1996年公開の「Shall we ダンス?」で主演を務め大ヒットし人気を集めます。
「シャブ極道」「眠る男」「失楽園」などの作品に次々と出演し演技が評価され、様々な賞を受賞しています。

宮沢大地役:山崎賢人

こはぜ屋社長・紘一の長男大地は、就職に失敗し、こはぜ屋を手伝っています。

編集部

山崎賢人さんは中学3年生の時に東京でスカウトされ、芸能活動を開始。 雑誌『ピチレモン』でメンズモデルとして活動。2010年にテレビドラマ『熱海の捜査官』にて俳優デビューをし、2011年、『管制塔』で映画初主演を果たしました。

『ヒロイン失格』、『orange』などの話題作に次々と出演し、第39回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。さらに2018年、『グッド・ドクター』で主演を務め、主演男優賞を受賞しました。

 

茂木裕人役竹内涼真

名門実業団「ダイワ食品」に所属する長距離ランナーの茂木。ランニングフォームの矯正中に、こはぜ屋が開発する「陸王」に出会います。

編集部

竹内涼真さんは2013年4月、女性ファッション誌『mina』で初の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」に知人の勧めで応募し、2,457人の中からグランプリを獲得しました。

2014年に『仮面ライダードライブ』で主演を務め、『ひよっこ』・『過保護のカホコ』などへの出演で注目されました。2020年1月放送開始の『テセウスの船』で、日曜劇場の初主演を果たしました。

 

宮沢 茜役上白石萌音

紘一の長女茜は高校3年生。直接茂木と会ってからは彼を応援するようになります。

編集部

上白石萌音さんは2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で審査員特別賞を受賞し、グランプリを受賞した妹・萌歌とともに芸能界入りします。
2014年公開の映画『舞妓はレディ』で舞妓を目指す主人公・春子役を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。
女優として活躍する一方で、歌手活動も行なっており、演技力・歌唱力ともに抜群のセンスを持っています。主な出演作品は『恋はつづくよどこまでも』『陸王』『西郷どん』など。

 

坂本太郎役風間俊介

こはぜ屋を担当する銀行員の坂本は、こはぜ屋に対し親身になってくれる情熱的な男です。

編集部

風間俊介さんは1997年、中学2年生の時にジャニーズ事務所に入ります。ジャニーズJr.として活動し、1999年、『3年B組金八先生 第5シリーズ』に出演。この後、テレビドラマへ多く出演するようになり、2012年には朝ドラ『純と愛』にも出演します。

俳優の印象が強い風間さんですが、バラエティ番組ではキレッキレのダンスを披露することも。ディズニーランド好きでも知られています。主な出演作に、『監察医 朝顔』『麒麟がくる』など。

 

陸王のあらすじ

全話あらすじを開く

第1話あらすじ

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。その四代目社長・宮沢紘一は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていました。
そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえましたが、融資担当の坂本から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされます。

突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢でしたが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃きます。それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発でした。

早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘います。学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木と毛塚が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンです。宮沢は息子の大地とともに豊橋へ向かいました。

第2話あらすじ

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢。しかし、開発への道のりは遠く険しいものでした。

目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分です。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューズで求められる耐久性は望めませんでした。

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出します。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村から太鼓判を押されたシルクレイですが、その特許を持つのは飯山という人物です。

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明でしたが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることになります。しかし、飯山は……。

第3話あらすじ

宮沢の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。飯山は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出ます。

こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていました。しかし富島は、一度は会社をつぶした飯山という人間が果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていました。

一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れました。その履き心地に驚きを隠せない茂木でしたが、走るうちにソールの不安定さが露呈してしまいます。

第4話あらすじ

紆余曲折がありながらも、ついに、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功した大地と飯山。「陸王」完成への道はまだまだですが、大きな一歩を踏み出したことを祝し、宮沢は2人に加え、ほかの社員たちも居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらいます。そして後日、次の段階へと移るため、宮沢は茂木の足型を取らせてもらうべく、ダイワ食品陸上競技部を訪ねます。

一方、茂木の怪我は会社にも伝わっていたところ、茂木は労務課から呼び出され担当者との面談に臨むと、陸上を引退して社業に専念してはどうかと提案されます。年齢的にも方向転換するには良いタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていけるとアドバイスされる茂木。その言葉に茂木は……。

第5話あらすじ

「陸王」の開発資金がかさみ、このままだと足袋の利益を侵食してしまいます。「あと数か月は様子を見るが、それでも改善が見られない場合は覚悟をしていただく必要がある…」と、銀行から最後通告ともとれるような言われ方をしてしまった宮沢。

当面の資金繰りに頭を悩ましていた宮沢でしたが、ある日、大地と茜の何気ない会話から、新製品の開発を思いつきます。それは、陸王のために試行錯誤しているシルクレイのソール技術を応用した、新しい地下足袋の開発でした。

ほどなく、製品化に成功し「足軽大将」と名付けられた地下足袋は、大きな反響を得て瞬く間にヒット商品へと成長。これで資金繰りにも明るい兆しが見えたと、陸王開発を新たに心に決める宮沢でした。しかし、そんなときシルクレイの製造に暗雲が…。

一方、陸王を履き復帰へ向けて練習に励む茂木のもとにアトランティス社の佐山が訪ねてくると、また新しいRⅡを提供したいと持ちかけます。一方的にスポンサードを切られアトランティスに不信感を抱く茂木は、その誘いを拒絶しますが、佐山にあることを聞かされます。

第6話あらすじ

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」でした。

決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原がスタートします。

みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原でしたが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまいます。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームですが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれます。

同じ区間を走る毛塚と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢らこはぜ屋のメンバーたちでした。果たして勝負の行方は!?

第7話あらすじ

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりでした。

アッパー素材を探すために大地が東奔西走するのですが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまいます。

茂木の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい、その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々でしたが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生します。もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本からある提案を受けます。

第8話あらすじ

ランニングシューズ「陸王」製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。窮地に立たされた上に、銀行員の坂本からは「会社を売らないか」と提案され、宮沢は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にします。

陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠です。そのためには高額の資金が欠かせませんが、現状はどうすることも出来ないでいました。

そんなとき、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡が、近々開催される市民駅伝に参加しないかと話を持ちかけます。陸王を履いて参加することで、宣伝にもなるというのです。その提案を聞き「そんな場合ではない」と言い放った宮沢でしたが、わずかでも「陸王」が人の目に触れることで、興味を持ってくれる人が居るかもしれないと思い直し、自分と江幡、そして大地、安田、そしてあけみとチームを組み出場を決意します。

第9話あらすじ

「陸王」に欠かせないソールを製造するシルクレイ製造機が故障し、生産再開に必要な1億円の目途が立たず窮地に追い込まれた宮沢社長と「こはぜ屋」。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長からの買収案に悩む宮沢ですが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていました。

「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地が心配すると、あけみは買収には断固反対と泣きながら訴えます。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまいます。

陸王の供給がストップしてしまった茂木は、「アトランティスのRⅡを履いてくれれば、ダイワ食品陸上部を資金面でも支援する」という小原の言葉に、本意ではないがRⅡを履くことを決意します。東日本チャンピオンズカップで好成績を出せたら、豊橋国際マラソンの出場を認めてほしいと、城戸監督へ願い出ました。

様々な想いが交錯する中、御園は「自社のことを知ってほしい」と、宮沢を釣りへと誘います。焚き木の火を囲み身の上話を語り出す御園、そんな御園に宮沢は…。

ひととき、仕事を離れて宮沢と心を通わせた御園でしたが、ある日、小原から会食へと誘われます。果たして、小原の目的とは……!?

第10話あらすじ

シルクレイを手に入れるために「こはぜ屋」買収をもくろむフェリックスの御園社長でしたが、宮沢から業務提携を提案されたことで両者は袂を分かちます。こはぜ屋の窮地は変わらないまま、大地や飯山たちは、また一からシルクレイの売り込み先を探し、興味を持ってくれそうな企業を駆け回っていました。

一方、茂木選手は、再びアトランティスのサポート選手となり、RⅡを履くことを決意します。念願の豊橋国際マラソンに出場することが決定していました。そんな茂木へ大地と村野は、「ずっと茂木選手を応援している証に…」と最後の一足となった陸王を渡したいと、ダイワ食品の城戸監督に掛け合いますが、城戸は茂木を悩ませるだけだと一蹴します。

茂木に自分たちの想いを届けることもできず、陸王開発再開のメドも立たず、八方ふさがりのこはぜ屋でしたが、そんなある日、御園から宮沢へある提案が投げかけられます。一体、その提案とは!?

陸王の見どころや豆知識

編集部

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一は、足袋の需要が減少し先行きが苦しいこはぜ屋の現状を打開するために、足袋製造のノウハウを活かした新しいマラソンシューズを開発する決意をします。

こはぜ屋は、苦しい資金繰り、ライバルとなる大手メーカーとのバトル、共同開発を進めるパートナーとの出会いを経て、やがて思い描いていた理想のシューズ「陸王」を完成させます。

社内での結束、新製品開発成功の喜びの様子など、飽きさせないストーリー展開で、池井戸作品王道の「ビジネス・エンターテイメント」作品です。

陸王の感想や評価・口コミ

女性の感想

当たり前のように売られているものへ敬意を感じるドラマです。何気なく使っているものでもいろんな人の想いが詰まってるんだろうなあと思いました。
主演をはじめ脇役もみんな味があって、一筋縄じゃなくて癖があって熱くて人間味があって最高です。

 

男性の感想
人の努力とはなんて美しいんだ、と毎話思わされました。
こんな風に生きられたら、と羨ましくなりました。
毛塚と御園社長が良い人なのか、悪い人なのか、扱いが謎です。
色んな人と出来事が、結論に向けてバリバリ操作されてる感が否めないところがありました。

 

女性の感想
とてもよかったです。
みんなが1つになって、誰かを応援したり何かを作るって感動します。
阿川佐和子さんがめっちゃよかったです。

 

男性の感想
高い前評判を超える秀逸な作品でした。
こはぜ屋グループ一人一人の熱意が伝わり毎回感動、涙なしでは見られません。
山崎賢人ってただのイケメンだと思ってましたが、かなり熱い演技で良かったです。

 

女性の感想
毎回盛り上がりがあって毎回ハラハラして毎回泣けました。
宮沢社長イズムがどんどん伝染していって、みんな熱い人になるのが感動しました。私もこういう熱量で仕事する人と仕事したいです。
茂木くんの好青年っぷりが清々しくて、これまで竹内涼真の何がカッコいいのかわかってなかったのだけど、これでよくわかりました。

 

男性の感想
人との絆。感動をくれるドラマでした。最終回だけでも泣けます。
大好きなリトルグリー モンスターの曲がいつかかるのかも毎回楽しみでした。
ベテラン陣の安定感が作品にリアリティを加え、山崎賢人さんや竹内涼真さんら若手のキャラクターがより活きたように思いました。
マラソンシーンは圧巻で、茂木頑張れーー‼と実在の選手を応援するような気持ちでした。

 

「陸王」の関連作品紹介

狐狼の血

(画像引用元:MOVlog)

2018年5月12日に公開された役所広司主演の映画「狐狼の血」

昭和63年、広島の架空の都市、呉原が舞台です。暴力団が街を牛耳るこの街では広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」が一触即発の状態でした。

そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪します。それを殺人事件と見たベテラン刑事の大上と新人刑事の日岡は事件捜査に奔走します。やくざの抗争が引き金となり、あらゆる要素を呑み込んでいきます。

役所広司さんは、巡査部長で刑事二課・暴力班捜査係主任の大上章吾を演じました。

\今からParaviで視聴する/

「陸王」も「狐狼の血」も視聴する

2週間無料お試しあり

まとめ

今回は、ドラマ「陸王」の動画を無料視聴する方法やあらすじ・見どころなどについての紹介しました。

「陸王」は足袋作り百年の老舗が、会社の存続を賭けてランニングシューズの開発に挑む、感動の企業再生ストーリーです。

紹介した公式の動画配信サービスであれば、お試し無料期間や無料でもらえるポイントを使うことにより手出し0円でドラマ「陸王」を視聴できます。

是非この機会に試してみてください。

公式リンク 無料期間 月額料金
2週間 1017円