弱虫ペダル【映画動画】無料視聴できる配信サイト比較!あらすじとキャスト相関図も

2020年8月14日に公開された永瀬廉主演で放映された「弱ペダ」こと映画「弱虫ペダル

運動が大の苦手でアニメ好きの主人公・小野田坂道は、あることがきっかけとなり自転車競技部に入部します。

そこで選手としての想像もできなかった思わぬ才能が開花し、友達がいなかった坂道に初めての「仲間」ができます。そして、仲間とともに走る大きな喜びを知ることに…。

本記事では映画やドラマが大好きで、毎日動画配信サービス見ている私が、「弱虫ペダル」の動画を無料視聴できるサービスや映画のあらすじや見どころを調査し、まとめました。

◎結論から言いますと「弱虫ペダル」を見るためにおすすめの動画配信サービスは「TSUTAYA DISCAS」です。

その理由は

  1. TSUTAYA DISCASは「弱虫ペダル」が無料期間中に見放題で見れる
  2. TSUTAYA DISCASは「コンフィデンスマンJP」シリーズや「半沢直樹」シリーズが見放題で視聴可能
  3. 無料期間が30日間ある

なので私は「TSUTAYA DISCAS」をおすすめします!

\今なら30日間無料お試しあり/

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら
3分で登録完了!

同時に加入可!キャンセルはいつでもOK

この記事をすべて読めばあなたはどのサービスが最もお得なのか理解することでき、楽しい映画鑑賞に役立つこと間違いなしです!

「弱虫ペダル」のフル動画を配信している動画配信サービスを16社比較

2021年2月現在、「弱虫ペダル」を見放題で視聴できる動画配信サービスは下記の表の通りです。

配信サイト 配信 MEMO
TSUTAYADISCAS 近日リリース
無料登録ptなし
U-NEXT 配信なし
FOD 配信なし
Hulu 配信なし
Amazonプライムビデオ 配信なし
Abemaプレミアム 配信なし
music.jp 配信なし
クランクインビデオ 配信なし
dtv 配信なし
Paravi 配信なし
楽天TV 配信なし
auスマートパスプレミアム 配信なし
wowow 配信なし
Netflix 配信なし
TVer 配信なし

調べてみた結果、映画「弱虫ペダル」は1社の動画配信サービスで見放題視聴ができます。(近日リリース予定)

TSUTAYA DISCAS』は「弱虫ペダル」を見放題で見ることができ、尚且無料登録ポイントが多くもらえます。

なのでお得に見たい方はぜひ『TSUTAYA DISCAS』で御覧ください♪

\今なら30日間無料お試しあり/

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら
3分で登録完了!

同時に加入可!キャンセルはいつでもOK

今すぐ「弱虫ペダル」を視聴したい方は、『TSUTAYA DISCAS』の無料体験を利用してご覧ください。

公式リンク 無料期間 月額料金
30日間 2,052円
最新の配信情報は各社ホームページでご確認ください。

この他、違法動画サイトとしてDailymotion(デイリーモーション)やPandora.TV(パンドラTV)や9tsuなどがありますが、このような違法動画サイトは画質や音質が悪く、最初から最後まで見ることができないということが多くあります。

また、広告などが入り間違えて押してしまうと、個人情報が漏洩したりウイルスに感染させられることもあります。

安心・安全にかつ高品質な映像を楽しめる、公式サイトを利用するようにしましょう。

弱虫ペダルを無料視聴する方法

TSUTAYA DISCASでフル動画を無料視聴する方法について

TSUTAYA DISCASは他の動画配信サービスとは違うDVDの宅配レンタルサービスです。

無料期間 30日間
月額料金 2,052円(税込)
ポイント特典
DLの有無 DVDレンタル(対象作品のみ)
同時視聴
画質 各家庭のテレビによる
早送り巻き戻し機能
字幕や英語の有無 有(字幕版を選ぶ)

動画配信数はドラマ・映画が約10,000本、DVDレンタルは国内最大級です。

またTSUTAYA DISCASは毎月ポイントが1,100ポイント貰え、そのポイントで新作映画や好きな動画を無料で2本視聴できます。それも無料登録期間中にも1,100円分のポイント貰えるのでかなりお得ですね♪

DVDレンタル作品においては他の動画配信サービスようにテレビ局の偏りもないので、見られない作品はないといってもいいくらいです。

さらに旧作のDVD/Blue-rayは0円でレンタルでき、返却期限もありません。

例えば学校や仕事が忙しくて見れない日があっても返却期限を気にすることがありませんので安心した気持ちで楽しめますね。

そんなTSUTAYA DISCASでは永瀬廉が出演している他の作品も多数見ることができます。

永瀬廉出演作品

  1. うちの執事が言うことには
  2. FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました
  3. 信長のシェフ
  4. 忍ジャニ参上!未来への戦い

これらすべての作品を見放題で視聴することができます♪

TSUTAYA DISCASに無料登録をすると30日間は見放題となっていますので、期間内に解約してしまえば0円で視聴できてしまいます!!!

TSUTAYA DISCASは映画やドラマをとことん楽しみたい人にはピッタリのサービスです♪

\今なら30日間無料お試しあり/

TSUTAYA DISCASの公式サイトはこちら
3分で登録完了!

同時に加入可!キャンセルはいつでもOK

 

弱虫ペダルの基本情報

放映日:2020年8月14日
監督:三木康一郎
脚本: 板谷里乃・三木康一郎
主題歌: King & Prince『Key of Heart』
原作: 渡辺航マンガ「弱虫ペダル」
渡辺航の代表作は「電車男 でも、俺旅立つよ。」「まじもじるるも」

弱虫ペダルのキャスト相関図

今泉俊輔役:伊藤健太郎

坂道を自転車競技部に誘う同級生。
坂道のひたむきな思いに打たれ、チームスポーツであるロードレースに目覚めます。

編集部

伊藤健太郎さんは雑誌、広告を中心にkentaroという芸名でモデルとして活動し、2014年のドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」にて健太郎名義で役者デビューをしています。

また、「今日から俺は!!」での役名が本名の姓と同じ「伊藤」であり、21歳の誕生日を迎えた為、「今日から俺は、伊藤健太郎として邁進していきます。」と、芸名をフルネームに改名することを発表しています。

小野田坂道役:永瀬廉

千葉県から秋葉原までの距離を自転車で通うアニメが好きな高校生。
自転車競技部に入部し、仲間たちとともに勝利するために奮闘します。

編集部

永瀬廉さんは、2011年に母親が内緒で履歴書を送付しオーディションを経てジャニーズ事務所に入所しました。

2018年に、King & PrinceとしてCDデビューを果たし、翌年には「うちの執事が言うことには」で映画初主演をつとめ、「FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました」にてドラマ初主演をつとめるなど、俳優としても活躍しました。

主な出演作品は「信長のシェフ」「俺のスカート、どこ行った?」など。

 

寒咲幹役:橋本環奈

自転車競技部のマネージャーとして部を支えている、自転車オタクの女の子。

編集部

橋本環奈さんは2007年、小学校3年生の時に「テレビに出たい」と思い、福岡の芸能事務所に所属。

是枝裕和監督『奇跡』のオーディションを受け映画初出演。2013年福岡で開催されていたイベントで「奇跡の一枚」にあたる写真が撮られ、この写真がきっかけで“1000年に1人の逸材”として注目を集めます。

現在は女優として数々のドラマや映画で活躍中です。

 

鳴子章吉役:坂東龍汰

坂道を自転車競技部に誘う友達。
関西出身で、“浪速のスピードマン”と呼ばれています。

編集部

坂東龍汰さんはニューヨーク生まれで、3歳まで生活しその後は北海道で育ちます。

シュタイナー教育のある学校を卒業し、その後は趣味の絵や写真を仕事として探します。同じシュタイナー教育を受けていた村上虹郎に相談したところ、現在の事務所を勧められ所属します。

2018年にテレビドラマ「セトウツミ」で俳優デビューし、翌年にドラマ花へんろ特別編「春子の人形」で初主演となりました。

 

巻島裕介役:柳俊太郎

自転車競技部の3年生で、玉虫色のヘアが特徴的。
独特の立ち漕ぎを得意としています。

編集部

柳俊太郎さんは、2009年にメンズノンノのモデルグランプリを受賞しモデルデビューを果たしました。

2011年のファッション・シューティングにて浅野忠信さんと出会い、役者になりたいことを話したところ、浅野忠信さんの事務所である「ANORE」に所属することとなりました。

2012年に公開の「ヴァージン「ふかくこの性を愛すべし」」にて俳優デビューをして以降は様々な映画作品やドラマに出演しています。

 

弱虫ペダルのあらすじ

地元である千葉県から秋葉原へママチャリで通学している、運動が苦手でアニメ好きの主人公・小野田坂道は、高校生になったら念願のアニメ研究部に入部するつもりでいましたが、部員数が減少したため休部という事実を知ってショックを受けます。

そんなある時、坂道が自転車を走らせている姿を見た同級生・今泉俊輔から自転車レースの勝負を要求されます。

自転車で走る楽しさや充実感を勝負後に初めて味わった坂道は、秋葉原で出会った同級生に誘われて自転車競技部に入部することを決心します。

マネージャーや部長、尊敬できる先輩たちと出会ったことによって、 自転車選手としての予想外の才能を発揮します。

そして坂道は、大会に出場するレギュラーメンバーに選出されます。

こうして、坂道は、初めて出来た仲間と一緒に、レースで走る喜びや気持ちよさを見出し、自分の限界や壁を越える努力を身に付けていくのでした…。

弱虫ペダルの見どころや豆知識

編集部

2008年に週刊少年チャンピオンで連載開始されてから、アニメや舞台、ドラマなどでメディア進出してきた今作の見どころは、CGを全く使わずに、俳優陣が自ら挑戦した“本当の自転車シーン”です。

テレビドラマ版にも携わっていた自転車監修の城田大和さんは、自転車走行の撮影は危険となる場合があることやスピード感よりも基本的な動きが、役作りには一番重要だということを語りました。

それぞれの役柄に合った動きや、本人がイメージするキャラクターの性格など、一人一人に合わせた指導を行ったそうです。

坂道役の永瀬さんは、一番の見どころを“ハイケイデンス”だと語っています。ケイデンスとは1分間のクランク回転数のことを指し、これを鍛えるためには相当な努力が必要だったとか。

さらに、自転車技術に加えお芝居が重なるとなると、どれだけ過酷かということが容易に想像ができます。

今作は、俳優たちが自ら地道に努力し、体を張って挑んだ作品だといえます!

弱虫ペダルの感想や評価・口コミ

女性の感想

ストーリーには少し物足りなさもありましたが、永瀬さんの演技がとっても良かったです!

そして自転車を漕ぐシーンも全部自分でやったという話を聞いていたので、映画館では、「え?!これも?!」とびっくりするくらいの急勾配をのぼる永瀬さんに涙が出ました。

見ているだけでふくらはぎや太ももに乳酸がたまる映画でした。(笑)

キャラクターのピュアさ、ブレない気持ち、とにかく前へ!というストーリーが、何だか勇気と元気を貰えました!

 

男性の感想

主人公が困難を乗り越えて成長していく様は、まさにスポーツムービーど真ん中といったところで、自転車競技ならではのチームメイトとの絆にも、思わず感動させられます。

レースシーンはまさに圧巻です。
素人目に初めて観ると、誰がどのポジションをどのタイミングで走るか等で、作戦が大きく変わるという、自転車競技がまさにチーム競技であることに驚かされると同時に、だからこそ各々の絆が試される競技であることに、思わず感動させられてしまいます。

 

女性の感想

自転車のシーンはほとんどボディダブルが出来ないようで、主要キャスト陣のフィジカル面の努力がビシビシ伝わってきて感動しました。

本気でペダルを踏む演技をしながら実際本気でペダルを踏んでるのですからそりゃ泣いちゃいますよね…。永瀬君はあまりにもイケメンすぎてイメージ違うのではと危惧していたけど、ちゃんと原作の坂道に見えて、難しい役であっただろうに凄いなと思いました。

 

男性の感想

頼りなかった主人公が、様々な苦労や挫折を経て成長していく姿が感動しました。

話の展開が上手く纏まっていたし、自転車シーンがキャストの頑張りのおかげのあの疾走感だったと思います。

キャスト陣に関しては全員イメージピッタリすぎて素晴らしかったです!もはや本人では?というくらいの田所先輩も凄かったですが、小野田くんと鳴子くんに関しては声すらアニメ版に寄せていたので、ビックリするくらいハマっていました。

 

女性の感想

永瀬くんがザ・オタク姿で、「今日もあきば行こうかなぁ。」というセリフが個人的にツボでした。

永瀬くん、伊藤健太郎くんは本当にトレーニング頑張ったんだろうな…というくらい体幹がしっかりしていて、高校生自転車競技という設定ではしっかり身体作れていたように思います。

高校生にしてはみんな大人びているけど、ロードの自転車競技の面白さが実写のぶん分かりやすいので、原作にはない魅力があるのも良かったです!

中高時代の陸上一筋だった自分と重なってボロ泣きでした…。

 

男性の感想
青春スポーツものは沢山あるけど特に良い作品だと思います。
ジャニーズ作品という色眼鏡を外して色んな人に観てほしいです。永瀬廉が漫画の坂道にオーバーラップして感動します。
本人は一見、坂道とは似つかわないキラキラアイドルですが、その煌めきは本人の血の滲むような努力の積み重ねによって生まれているもので、坂道と全く同じなんだと気付させてくれる真摯な演技でした。永瀬廉だけでなく、身体を限界まで使う演技を通して俳優陣の努力の積み重ねを想像してしまって、更にそれがチーム戦となり、芸能界というものに重ねて見えてしまって泣きました。

 

「弱虫ペダル」の関連作品紹介

信長のシェフ

「織田信長の料理番は現代からやって来たシェフだった」という設定の異色時代劇。

天下統一に向けて精力的に動く信長の下、フレンチシェフのケンが無理難題に立ち向かいます。

永瀬廉さんは、後に織田信長の家臣になる森蘭丸の役を演じました。

 

\◎TSUTAYA DISCASで見る/

「弱虫ペダル」も「信長のシェフ」も視聴する

◎30日間無料お試しあり

まとめ

今回は、映画「弱虫ペダル」の動画を無料視聴する方法やあらすじ・見どころなどについての紹介しました。

「弱虫ペダル」は、友だちもおらず、努力することも知らなかったオタク少年の主人公が、仲間とともにロードレースに挑み成長していく爽やかな青春ムービーです!

 

紹介した公式の動画配信サービスであれば、お試し無料期間や無料でもらえるポイントを使うことにより手出し0円で映画「弱虫ペダル」を視聴できます。

是非この機会に試してみてください。

 

公式リンク 無料期間 月額料金
30日間 2,052円