映画『赤ずきんちゃん』の動画をフル視聴できる配信サービスを比較!

1934年にアメリカで公開された『赤ずきんちゃん』は、「三匹の子ぶた」の続編として、前作と同じ監督バート・ジレットを迎え、アニメーション短編映画として制作されました。3匹の子ぶたも登場し、音楽もそのまま使われるなど、代表的なシリー・シンフォニーシリーズ作品の1つとなりました。

本記事では毎日我が子とディズニープラスを見ているマニアの私が、映画『赤ずきんちゃん』の動画をフル視聴できるサービスや見どころを調査し、まとめました。

結論、『赤ずきんちゃん』のフル動画を視聴したいのであればディズニープラスがおすすめです!

ディズニープラスは過去の作品から最新作までディズニー作品をほぼ全て配信しており、また現在はSTAR社も入ったことにより日本のアニメや海外ドラマ・映画も見ることが出来るかなりお得な動画配信サービスです!

\『赤ずきんちゃん』が字幕・吹き替えで見放題!/

ディズニープラスの公式サイトはこちら

登録は簡単!ディズニー作品が見放題♪

公開日・放送年 1934年4月13日(アメリカ)
話数 1話
監督 バート・ジレット
主題歌・挿入歌・音楽 狼なんかこわくない
製作国 アメリカ合衆国
制作会社 ウォルト・ディズニー
主要キャスト 赤ずきんちゃん : 土井 美加
ファイファー・ピッグ: 中谷 佐知子
フィドラー・ピッグ : 井上 美哉子
プラクティカル・ピッグ : 伊藤 友美
ビッグ・バッド・ウルフ : 内田 稔
外部リンク Wikipedia

映画『赤ずきんちゃん』を配信している動画配信サービスを比較

2022年3月現在、『赤ずきんちゃん』を見放題で視聴できる動画配信サービスを調べました。

配信サイト 配信 無料期間と入会特典
ディズニープラス ○・見放題 月額990円
年額9900円
無料期間なし
(年間プランは実質2ヶ月無料)
TSUTAYA DISCAS 配信なし 月額2052円
ポイントなし
30日間無料
U-NEXT 配信なし 月額2189円
600pt
31日間無料
music.jp 配信なし 月額1,958円
2458pt無料
30日間無料
auスマートパスプレミアム 配信なし 月額548円
ポイントなし
30日間無料
dtv 配信なし 月額550円
ポイントなし
31日間無料
Paravi 配信なし 月額1,017円
ポイントなし
14日間無料
Amazonプライムビデオ 配信なし 月額500円
ポイントなし
30日間無料
Hulu 配信なし 月額1,026円
ポイントなし
14日間無料
Netflix 配信なし 月額990円〜
ポイントなし
無料期間なし
FOD 配信なし 月額976円
900pt無料
14日間無料
wowow 配信なし 月額2,530円
ポイントなし
申込月無料

紹介している作品は、2022年3月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各社公式ホームページでご確認ください。

調べてみた結果、映画『赤ずきんちゃん』は動画配信サイトではディズニープラスのみ見放題で視聴可能です。

今すぐ映画『赤ずきんちゃん』をフル視聴したい方は、ディズニープラスでご覧ください。

\『赤ずきんちゃん』が字幕・吹き替えで見放題!/

ディズニープラスの公式サイトはこちら

登録は簡単!ディズニー作品が見放題♪

ディズニープラスで『赤ずきんちゃん』動画を視聴

(画像引用元:ディズニープラス)
© Disney © Disney/Pixar © & ™ Lucasfilm Ltd. © MARVEL v2.4.1

ディズニープラスに無料お試し期間はありませんが、映画『赤ずきんちゃん』の他にも、見放題作品は全て見放題で視聴可能です。

それも年額9900円(税込)という嬉しいプランが始まり、年間プランの加入の場合は月額プランより1,980円(実質2か月間無料)お得になります!

さらにディズニープラスでは他の動画配信サービスでは見ることができない映画の制作秘話、トリビア情報、メイキング映像などが見ることが出来ます!

無料期間 なし
月額料金 月額プラン:990円(税込) 年額プラン:年額9,900円(税込) ※Apple App Storeのみ1,000円(税込)
お得なポイント ディズニーストアの割引券や待受がもらえる
見放題作品数 6000本以上
ダウンロード あり
同時視聴数 5台
視聴可能デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ
字幕や英語の有無 字幕/吹き替え対応
登録方法の手順について(画像つきで解説)
ディズニープラスを登録する手順を紹介していきます。早ければ2分程度で完了しますのですぐに視聴することが出来ますよ。

「今すぐはじめる」「お得な年額プランで入会」を選択をタップ。

②メールアドレスを入力

③パスワードを作成

④必要な情報を入力して、登録完了。

(画像引用元:ディズニープラス) © Disney © Disney/Pixar © & ™ Lucasfilm Ltd. © MARVEL v2.4.1

\『赤ずきんちゃん』が字幕・吹き替えで見放題!/

ディズニープラスの公式サイトはこちら

登録は簡単!ディズニー作品が見放題♪

映画『赤ずきんちゃん』が楽しくなるディズニーマニア情報

映画『赤ずきんちゃん』のあらすじ

あかずきんとフィドラーとファイファーは、プラクティカルの忠告を聞かずに、森の近道を通っておばあさんの家へ向かいます。その道中、妖精の女王ゴルディロックスに変装したビッグ・バッド・ウルフに出くわします。

なんとか逃げ切りおばあさんの家にたどり着いたあかずきんですが、おばあさんはすでにビッグ・バッド・ウルフに襲われていました。幸い、三匹の子ぶたに助けてもらい、またしてもオオカミを退治できました!

GYAO TVer
ニコ動 YouTube
Abema 公式サイト

見どころ

見どころ

ディズニーの三匹の子ぶたがヒットした年の翌年に、続編として公開された赤ずきんちゃんは、原作のおばあさんが食べられてしまう話とは少し変えて、ディズニーらしい物語に変わっています。

また、近道をするきっかけになった三匹の子ぶたの、陽気なフィドラー・ピッグとファイファー・ピッグ、冷静で頼れるプラクティカル・ピッグも登場し、赤ずきんちゃんのピンチを救います!

ウォルト・ディズニーの名言

赤ずきんちゃんを公開した1934年当時のアニメーションは全て手作業でした。背景となる絵の上に、セル画と呼ばれる透明なシートを何枚も重ね、キャラクターを動かしていました。

1933年に『三匹の子ぶた』が公開されてヒットすると、配給会社は続編を作ることを要求し、それに応じて作られた二作目がこの作品でした。

前作よりあまり人気が出ず、二番煎じを信条としないウォルトは、これを手痛い教訓として、「ブタでブタは越えられない」と書いた紙を帽子に入れて持ち歩いていたそうです。

3匹の父親のビッグ・バッド・ウルフ

とても怖いイメージがあるビッグ・バッド・ウルフですが、実は3匹の子供ウルフがいます。

そのリトル・バッド・ウルフは、悪者になろうとせず、むしろせっかく捕まえた三匹の子ぶたを助けたり、父に内緒で子ぶたの家に遊びに行ったりして父を悩ましているようです。親心子知らずとはこういう事かもしれません。

映画『赤ずきんちゃん』の動画を視聴するあなたにおすすめの人気作品

公式サイト
ディズニープラス https://disneyplus.disney.co.jp/

 

最新情報をチェックしよう!