映画『フリーキーフライデー1976』の動画をフル視聴できる配信サービスを比較!

最終更新日:2022年11月15日
1976年に公開された「フリーキー・フライデー」。

本作は、今ではおなじみの「家族の体が入れ替わってしまう」ボディスイッチングものの元祖となる映画です。

本記事では毎日我が子とディズニープラスを見ているマニアの私が、映画『フリーキー・フライデー(1976)』の動画をフル視聴できるサービスや見どころを調査し、まとめました。

結論、『フリーキー・フライデー(1976)』のフル動画を視聴したいのであればディズニープラスがおすすめです!

ディズニープラスは過去の作品から最新作までディズニー作品をほぼ全て配信しており、また現在はSTAR社も入ったことにより日本のアニメや海外ドラマ・映画も見ることが出来るかなりお得な動画配信サービスです!

\『フリーキー・フライデー(1976)』が字幕・吹き替えで見放題!/

ディズニープラスの公式サイトはこちら

登録は簡単!ディズニー作品が見放題♪

公開日・放送年 1976年12月17日
話数 1話
監督 ゲイリー・ネルソン
主題歌・挿入歌・音楽 バーバラ・ハリス、ジョディ・フォスター「I’d Like to be You for a Day」
製作国 アメリカ合衆国
制作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
主要キャスト アナベル・アンドリュース:ジョディ・フォスター(玉川紗己子)
エレン・アンドリュース:バーバラ・ハリス(弥永和子)
ビル・アンドリュース:ジョン・アスティン(池田勝)
シュマウス夫人:パッツィ・ケリー
ハロルド・ジェニングス:ディック・ヴァン・パタン
ヴァージニア:ヴィッキー・シュレック
ディルク校長:ソレル・ブーク(石森達幸)
ジョファート:アラン・オッペンハイマー(峰恵研)
ベッツィー:ケイ・バラード(片岡富枝)
ベン・アンドリュース:スパーキー・マーカス
ボリス・ハリス:マーク・マクルーア
外部リンク 公式サイトWikipedia

映画『フリーキー・フライデー(1976)』を配信している動画配信サービスを比較

2022年11月15日現在、『フリーキー・フライデー(1976)』を見放題で視聴できる動画配信サービスを調べました。

配信サイト 配信 無料期間と入会特典
ディズニープラス ○・見放題 月額990円
年額9900円
無料期間なし
(年間プランは実質2ヶ月無料)
TSUTAYA DISCAS 配信なし 月額2052円
ポイントなし
30日間無料
U-NEXT 配信なし 月額2189円
600pt
31日間無料
music.jp 配信なし 月額1,958円
2458pt無料
30日間無料
auスマートパスプレミアム 配信なし 月額548円
ポイントなし
30日間無料
dtv 配信なし 月額550円
ポイントなし
31日間無料
Paravi 配信なし 月額1,017円
ポイントなし
14日間無料
Amazonプライムビデオ 配信なし 月額500円
ポイントなし
30日間無料
Hulu 配信なし 月額1,026円
ポイントなし
14日間無料
Netflix 配信なし 月額990円〜
ポイントなし
無料期間なし
FOD 配信なし 月額976円
900pt無料
14日間無料
wowow 配信なし 月額2,530円
ポイントなし
申込月無料

紹介している作品は、2022年11月15日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各社公式ホームページでご確認ください。

調べてみた結果、映画『フリーキー・フライデー(1976)』は動画配信サイトではディズニープラスのみ見放題で視聴可能です。

今すぐ映画『フリーキー・フライデー(1976)』をフル視聴したい方は、ディズニープラスでご覧ください。

\『フリーキー・フライデー(1976)』が字幕・吹き替えで見放題!/

ディズニープラスの公式サイトはこちら

登録は簡単!ディズニー作品が見放題♪

ディズニープラスで『フリーキー・フライデー(1976)』動画を視聴

(画像引用元:ディズニープラス)
© Disney © Disney/Pixar © & ™ Lucasfilm Ltd. © MARVEL v2.4.1

ディズニープラスに無料お試し期間はありませんが、映画『フリーキー・フライデー(1976)』の他にも、見放題作品は全て見放題で視聴可能です。

それも年額9900円(税込)という嬉しいプランが始まり、年間プランの加入の場合は月額プランより1,980円(実質2か月間無料)お得になります!

さらにディズニープラスでは他の動画配信サービスでは見ることができない映画の制作秘話、トリビア情報、メイキング映像などが見ることが出来ます!

無料期間 なし
月額料金 月額プラン:990円(税込) 年額プラン:年額9,900円(税込) ※Apple App Storeのみ1,000円(税込)
お得なポイント ディズニーストアの割引券や待受がもらえる
見放題作品数 6000本以上
ダウンロード あり
同時視聴数 5台
視聴可能デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ
字幕や英語の有無 字幕/吹き替え対応
登録方法の手順について(画像つきで解説)
ディズニープラスを登録する手順を紹介していきます。早ければ2分程度で完了しますのですぐに視聴することが出来ますよ。

「今すぐはじめる」「お得な年額プランで入会」を選択をタップ。

②メールアドレスを入力

③パスワードを作成

④必要な情報を入力して、登録完了。

(画像引用元:ディズニープラス) © Disney © Disney/Pixar © & ™ Lucasfilm Ltd. © MARVEL v2.4.1

\『フリーキー・フライデー(1976)』が字幕・吹き替えで見放題!/

ディズニープラスの公式サイトはこちら

登録は簡単!ディズニー作品が見放題♪

映画『フリーキー・フライデー(1976)』が楽しくなるディズニーマニア情報

映画『フリーキー・フライデー(1976)』のあらすじ

立場が入れ替わることは全然楽しいことじゃないのです!

しかし、ある13日の金曜日、その悲劇が現実となってしまいます…。

おてんばで天真爛漫な娘アナベルと厳格な母親エレンの体が入れ替わってしまいました!

アナベルは家事の大変さと親の責任を痛感し、一方で娘となった母親はテストやフィールドホッケーなど慣れない学校生活に悪戦苦闘するのです…。

GYAO TVer
ニコ動 YouTube
Abema 公式サイト

見どころ

①抱腹絶倒のコメディ!

本作は、1972年のメアリー・ロジャース著のコメディ小説をもとにした作品です。

厳格でまじめな専業主婦の母であるエレンと、朝食代わりにアイスクリームを食べ、弟をあだ名で呼びつけるような、

おてんば娘のアナベルの体が入れ替わってしまうというストーリーです。

お互いに慣れない生活に苦労する姿がとても面白く、そんなドタバタな展開に目が離せません!

②リメイク版もあります!

本作は、2008年にリメイク版の映画も製作されています。タイトルは本作と全く同じの「フリーキー・フライデー」です。

また、2003年にも「フォーチュン・クッキー」というタイトルの映画も製作されています。

「親子の入れ替わり」や「母と娘が入れ替わる」というストーリーも同じですが、本作が元祖と言える作品となります。

③入れ替わりコメディの先駆け!

日本の映画やドラマなどでも「家族が入れ替わり、互いの立場になって生活する」という、

いわゆる「入れ替わりコメディ」は多くみられますが、本作の公開は1977年とかなり前の作品なのです!

本作は、「互いの生活を送ってみることで、やっと相手の気持ちを理解することが出来る」という斬新な発想の、まさに先駆けとなる作品だったのですね。

映画『フリーキー・フライデー(1976)』の動画を視聴するあなたにおすすめの人気作品

  • ラブ・バッグ
  • 罠にかかったパパとママ
  • タクシードライバー
  • ラブバッグ モンテカルロ大爆走
  • ビアンカの大冒険
  • ボクはむく犬
  • 星の国から来た仲間
  • キャンドルシュー
公式サイト
ディズニープラス https://disneyplus.disney.co.jp/
最新情報をチェックしよう!